Minuano『Love Logic』(LP)12インチアナログ盤(ピンク)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

Minuano『Love Logic』(LP)12インチアナログ盤(ピンク)

¥3,960 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

2022年2月16日発売 Minuano『Love Logic』 初回分「裸足のシルエット fake jazz version」のダウンロードカード付 Be Thankful Records (Taiwan) BTRLP-001 ● Track List: Side A 1 レモン哀歌 2 春宵の哀しみ 3 果てるともなく続く宙 4 それいゆ 5 午后の翼 Side B 1 恋人たちの雨 2 裸足のシルエット 3 雨色日記 4 恋、咲き初めり 5 陽だまりの午後に アルバムオリジナルリリース:2009年 Lampの榊原香保里をフィーチャーしたMinuanoの1stアルバムがアナログ化 Lampのサポートメンバーを務めるマルチ奏者、尾方伯郎が主宰するプロジェクトMinuano。ソフトロック、シティポップ、ジャズ、MPBなどの要素が高度に融合したカラフルな風景に、榊原香保里のボーカルが儚く揺らめく珠玉の一枚です。 Minuanoの1stアルバムとして2009年に発表された『Love Logic』が、リリースから13年の歳月を経て待望のアナログ化です。ジャズボッサ語法に基づいた陰影豊かなオープナーの「レモン哀歌」、イヴァン・リンス的な転調と共にめくるめく展開するバラード「それいゆ」、アフロキューバン的なリズム・フィギュアとサビの16beatの対比が鮮やかな正統派ポップナンバー「果てるともなく続く宙」、ボーカルに永井祐介 (Lamp) が参加した穏やかなボサノバ「陽だまりの午後に」など、絶え間なく移ろいゆく世界の断片を切り取った全10曲を収録。独特のロマンティシズムとメランコリーを湛えてポップス史に息づく密やかなマスターピースです。 Recommendation: 尾方さんがBossa Nova、MPB、Soft Rockと日本City Popなどの要素をアレンジし、榊原香保里さん(Lampメンバー)の歌詞とボイスを加え、音楽で絵のように美しく、穏やかで感動的な風景を描き出します。Lampのメンバーが参加しているため、Lampとの音色に似てるとよく思われますが、注意深く耳を傾けてみると、尾方さんの独特の美的センスと、上記ジャンルを再解釈する野望が感じられます。(透明雑誌ギタリスト 張盛文 Vince)